事業内容

ホーム事業内容 > 浄化槽の適正な管理

浄化槽の適正な管理【3つの義務】Management

1.浄化槽の法定検査

7条検査 (設置状況の検査)
新たに設置された浄化槽については、浄化槽法第7条の規定により その使用開始後3ヶ月を経過した時点から 県知事が指定した検査機関(指定検査機関)の行う 水質に関する検査を受けなければならないことになっています。
11条検査 (定期検査)
すべての浄化槽について、浄化槽法第11条の規定により 7条検査の受検後、毎年1回、定期的に県知事が指定した 検査機関(指定検査機関)の行う水質に関する 検査を受けなければならないことになっています。
●検査の手数料は次のようになっています。検査手数料は、浄化槽の処理対象人員(人槽)によって異なり、下記のとおりです。(単位:円)
規模(人槽) ~20 21~50 51~100 101~300 301~500 501~
7条検査 9,000 11,500 12,500 14,500 16,500 34,500
11条検査 4,500 7,000 8,000 10,000 12,000 30,000

7条検査の指定検査機関 ・ 11条検査の指定検査機関

財団法人岐阜県環境管理技術センター
事務所所在地:岐阜市六条大溝4丁目13番地6号
電話:058-276-0321
駐在所:飛騨・東濃

法定検査は、指定検査期間の検査員が現場で検査します。検査員は必ず身分証明書を持参しています。
なお、検査の結果書は後日送付されます。法定検査の結果書は3年間保存してください。
*検査の結果は全て県(岐阜市)に報告され、必要に応じて県による指導が浄化槽管理者にあります。

2.浄化槽の保守点検

浄化槽法 第8条・第10条
保守点検は、浄化槽法に基づいた技術上の基準に従って行なわれます。 浄化槽は、微生物の働きによって汚水を処理する施設です 微生物が活躍しやすい状況を常に保つ必要があります。 特に微生物に酸素を供給する、ばっ気装置などは 休みなく連続運転されていますから きめ細やかな点検が必要となります。 また、消毒剤等の消耗品は、定期的に補給、交換が必要となります。
さらに、各装置の点検を行なうことにより 浄化槽の清掃を行なう時期になっているか否かを判断し 必要ならば浄化槽清掃業者に連絡をします
●浄化槽の保守点検回数
みなし浄化槽(単独処理)
(処理方法→)
(↓処理人員)
全ばっ気方式 分離接触ばっ気方式
分離ばっ気方式等
散水ろ床法式
平面参加床方式等
20人以下 3ヶ月に1回以上 4ヶ月に1回以上 6ヶ月に1回以上
21人以上300人以下 2ヶ月に1回以上 3ヶ月に1回以上
3010人以上 1ヶ月に1回以上 2ヶ月に1回以上
浄化槽(合併処理)
(処理方法→)
(↓浄化槽の種類)
分離接触ばっ気方式
換気ろ床接触ばっ気方式等
活性汚泥法式 接触ばっ気方式
散水ろ床法式等
沈殿分離槽又は
嫌気ろ床槽を
有する浄化槽
20人以下 4ヶ月に1回以上
21人以上
50人以下
3ヶ月に1回以上
二階タンク又は沈殿分離槽を有する浄化槽 3ヶ月に1回以上
スクリーン及び流量調整タンク又は流量調整槽を有するタンク 1週に1回以上 2週に1回以上
沈殿分離タンク、二階タンク及び流量調整タンクのいずれも有しない浄化槽

3.浄化槽の清掃

浄化槽法 第9条・第10条
浄化槽に流入してきた汚水は、沈殿や浮上といった 物理作用と微生物の働きによる生物作用によって処理されますが この処理の過程で必ず汚泥やスカムが生じます。 スカムや汚泥が過度に蓄積されると、浄化槽の機能に支障をきたし 十分な処理がされなかったり、悪臭を発生する原因となったりします。
このようなことにならないためにスカムや汚泥を引き抜き 付属装置や機械類を洗ったり、掃除することが必要となるのです。 浄化槽を適正に維持管理していく上で、とても重要な作業なのです。
●浄化槽適性維持管理システム
(作成月基本パターン)1月清掃の例 ※小型合併浄化槽20人槽以下の場合
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
作業名 使用開始

清掃
保守点検 保守点検 保守点検
7条検査期間
11条検査期間
清掃
目的:低下した浄化槽の機能を回復する作業
実施月:使用開始月より12ヶ月後の1月
保守点検
目的:浄化槽の機能維持を目的とする作業
実施月:清掃月より2ヶ月後に設定し、その後は4ヶ月毎に期間を設定
法定検査
目的:水質維持のため適正な対処方法を保守・清掃に指示
実施月:11条検査は清掃月より毎年7ヶ月後の3ヶ月間

※実施予定月は、使用開始月、浄化槽の処理方式・人槽(大きさ)でパターンが違います。

合併処理浄化槽は、下水道整備地域でもそのままご使用いただけます。Use

  • ○合併処理浄化槽は、高性能で安定した処理能力があり、下水道に接続することは、高額な私費、税金を投じた個人財産をも破棄し二重投資することになります。
  • ○過去の震災では下水道の管路等が破断し、復旧に長い日数と多大な費用がかかり、トイレが全く使用できない状況が続いたときでも、合併処理浄化槽は使用できました。
  • ○下水道の管理費は、現在の使用料金だけでは不足し大半な一般会計(税金)より補填されています。浄化槽の管理費は、下水道の管理費と比較して安価です。

らくらく一括契約Contract

浄化槽法は、管理者(設置者)に浄化槽の保守点検、清掃及び法定検査を義務付けています。 浄化槽らくらく一括契約は、浄化槽を使用している人の義務である 保守点検、清掃及び法定検査を安心してまかせられ個々に依頼するわずらわしさを無くし 料金の支払いも手間のかからない口座振替でおこなえる大変便利なシステムです。

浄化槽らくらく一括契約により料金が割安になります。
※清掃料金が割引になり、お得です
※年一回払いの場合は、総額の5%割引になります。

預金口座振替を利用することにより分割払いが出来ます。
※2.4.6回がありますが5%割引はありません

ページの先頭へ戻る